おうち撮影

月齢フォト(マンスリーフォト)の撮り方。すぐ実践できる構図パターン5選!

月齢フォトにおすすめの構図パターン5選

この記事は、月齢フォト(マンスリーフォト)でおすすめの構図パターンについて紹介しています。

子どもの成長を残す写真撮影として、月齢フォトがありますね。

  • どんなデザインで撮ったらいいか悩む
  • みんなはどんな構図で写真を撮ってるの?

月齢フォトの疑問を解決するために、上手に撮れるおすすめの構図パターンを紹介します。

どんなデザインで写真を撮ろうか悩んでいるひとはぜひ参考にしてみてください。

\楽天ROOMにおすすめ載せてます★/

月齢フォトを撮る前に決めておくこと

月齢フォトを撮る前に、どんな風に撮りたいのかしっかりとイメージを固めておきましょう。

  • 各月のイベントに合わせてデザインを変えたい
  • 成長がわかるように同じ構図で撮りたい
  • とにかくオシャレに仕上げたい

ちなみに、私は子供の成長がわかるように同じ構図で12ヶ月分撮影しました。

月齢フォトおすすめの構図

月齢フォトでおすすめの構図を5つ紹介します。

インスタでも人気の構図で、パターンを決めてしまえば誰でも上手に撮ることができます!

紙オムツ×マンスリーバナー

おむつで7か月の文字を表現

お手軽かつ、赤ちゃんならではの月齢フォトを撮るなら紙オムツ。

こまり

芸能人のインスタでよく見るあれ♪

紙オムツで「○ヶ月」の文字を作り、赤ちゃんと一緒に写真を撮ります。

写真は横向きの長方形に仕上げるのがGOOD!

赤ちゃんを文字の一部としてデザインすると月齢フォトらしさが増します。

メリットデメリット
・家にある物ですぐできる・広い撮影スペースが必要
・文字のバランスは自分で調整

とりあえず月齢フォトを撮ってみたいという方におすすめです。

月齢フォトシーツ

月齢フォトを撮ってみたいけどおしゃれに撮れるか自信がない、という方にうってつけなのが月齢フォトシーツです。

名前の通り月齢フォトを撮るためのシーツなので、これ1枚で月齢フォトが撮れちゃいます。

こまり

私は1人目のときに月齢フォトシーツを使ってみました。

正方形の物が多く、インスタ写真としても活躍!

Lサイズの写真で撮る場合には余白部分の背景だけ一工夫してみてください。

メリットデメリット
・シーツ1つでデザインが決まる
・同じ構図の写真撮影が簡単
・シーツがよれることも
・Lサイズ向けデザインが少ない

シンプルな物からカラフルなデザインまで様々な商品があるので、ぜひ自分が気に入る月齢フォトシーツを見つけてみてください。

おすすめ月齢フォトシーツ

双子ちゃん用もあります。

サニーマット×マンスリーカード

月齢フォトアイテムを日常でも使えるものにしたいならサニーマットがおすすめです。

SNSでも人気で、よく見かけますね。

こまり

私は2人目はサニーマットでやろうと検討中♪

サークルでサイズが決まっているので、デザインを一度決めれば統一感のある構図が作れます。

円形なので正方形にとるのがGOOD!

メリットデメリット
・華やかでインスタ映え
・日常使いもできる
・同じ構図の写真撮影が簡単
・背景の余白に一工夫が必要
・サニーマット以外のデザインは自分で

インスタを見てデザインを参考にお気に入りの構図を見つけてくださいね。

おすすめサニーマット

サニーマットはPUPPAPUPO(プッパプーポ)がSNSでも人気です。

こまり

紹介する2つのデザインのどちらかを選んでおけば間違いなし!

おすすめマンスリーカード(月齢カード)

クラウン枕×ぬいぐるみ×マンスリーカード

月齢フォトの小物として、この3点を使って写真を撮るのが人気です。

  • クラウン枕
  • ぬいぐるみ
  • マンスリーカード

背景は、さきほど紹介したサニーマットや、インスタで人気のイブルマットがおすすめ♪

メリットデメリット
・写真のおしゃれ度UP!
・ぬいぐるみと比較で成長がわかる
・配置などのデザインは自分で調整
・同じ構図で撮るのが難しい

おすすめベビー枕

月齢フォトに使うベビー枕はクラウンが人気ですが、他にもかわいいデザインがたくさんあります。

ガーランド×バルーン

毎月の写真以外に、100日祝いやハーフバースデーも撮るならガーランドやバルーンで華やかに♪

お子さんにはバンボやバウンサーを上手に使ってお座りしてもらいます。

ガーランドの配置によって、ましかく・縦向き・横向きどの構図も可能です。

メリットデメリット
・写真のおしゃれ度UP!・広い撮影スペースが必要

壁紙も背景として使えると、自宅での写真撮影もかなり本格的な仕上がりになります。

おすすめガーランド

おしゃれな構図で月齢フォトを撮ろう

1ヶ月の月例フォト

今回は月齢フォトを上手にとるためのおすすめ構図について紹介しました。

  • 成長の変化を楽しむために同じ構図で撮る
  • イベントごとにデザインを変えておしゃれに

おうちで簡単に撮れるから、赤ちゃんの体調や機嫌に合わせて記念撮影ができます。

子供の成長をおしゃれに残す月齢フォト、ぜひ撮ってみてください♪

\楽天ROOMにおすすめ載せてます★/