みてね

みてね写真の用紙「光沢」と「マット」の違いは?実際に印刷して仕上がりを比較。

みてねの写真用紙光沢とマットの仕上がりを比較しました。

家族アルバムアプリ「みてね」でもましかくプリントが0円で楽しめるようになりました。

みてねと言えば印刷紙でマットを選べたり、フチの色のバリエーションが多いところが魅力です。

なかなか普段見慣れないものだから初めて選ぶときには仕上がりが気になるところ。

そこで今回はみてねで選べる紙の種類「光沢」と「マット」の仕上がりについて、実際に同じ画像を印刷して比較しました。

マット用紙で印刷した感想を簡単にまとめると、

  • そのまま飾るならマットが映える
  • アルバムに入れるとマットらしさは薄れる
  • 写真をカメラで撮影しても綺麗に撮れる

というのが光沢の用紙と比べたときに感じました。

みてねの光沢用紙は一般的な印刷用紙と同じ種類なので、マットの仕上がりが気になる方はぜひ最後まで読んでいってください。

光沢用紙で印刷した写真の仕上がり

光沢用紙で印刷した写真の仕上がりは、一般的な写真サービスと同じです。

色合いとしては暖色系が元の画像よりもやや強く出る印象はありますが、補正も含めて仕上がりに不満はありません。

”光沢用紙だから”とか”みてねだから”のような理由もなく、普通の写真としてイメージしてもらえれば大丈夫です。

こまり

今イメージしている写真そのもの!

マット用紙で印刷した写真の仕上がり

マット用紙で印刷した写真を見た第一印象は、やわらかい雰囲気になったことです。

同じ画像なのに印象はかなり変わります。

赤ちゃんの写真や動物の写真など、ふんわりした感じに仕上げたいときにはマット用紙が向いていると感じました。

マットなので写真をカメラで撮っても反射するようなことはありません。

その影響なのか、カメラを通して写真を見るとなんだか安っぽく感じることも。

こまり

マットの雰囲気はぜひ直接見てほしい!

2種類の写真の仕上がりを並べて比較

光沢とマットそれぞれの特徴を見たところで、2種類の写真を並べて比較していきましょう。

出典:みてね公式アプリ

公式アプリで紹介されている画像を見ても反射する光沢感以外はあまり違いを感じませんね。

そのままの状態

印刷した写真を直接見比べると印象は大きく異なりました。

(カメラを通してでは違いがわかりにくくてすみません)

色の見え方については、光沢はよくある写真サービスと同じとイメージしてもらって大丈夫です。

マットのほうはちょっとでこぼこした厚紙にとても綺麗に印刷されているようなイメージです。

こまり

個人的にはそのまま見るならマット用紙のほうが好みです。

写真の色合いによる感じ方の差というのはあまりなく、マットはどれもマットらしさが感じられる仕上がりでした。

芝生の写真に関しては、光沢用紙のほうがリアルな印象が残りました。

マットのほうはいわゆる写真というよりは、紙に印刷しているという感じですね。

光沢とマットどちらを選ぶかは本当に好みの問題になります。

仕上がりに対して優劣はなく、どちらも綺麗な仕上がりです。

色補正については同じようにかかっているので、色合いが大きく異なる画像も特にありませんでした。

写真プリントにおいては、液剤状況などの印刷環境によって仕上がりに多少の違いが起きることがあります。今回印刷した写真は事例の1つとして参考にしてください。

アルバムに収納

左:マット、右:光沢

ポケットアルバムに収納して見ると、どちらも仕上がりの印象が大きく変わるとは感じませんでした。

マット特有の光沢のない感じがフィルムが重なることでその特徴が薄れて、光沢に近い見た目になります。

そのため、ポケットアルバムに収納するのがメインの場合には、光沢用紙を選んだほうが元の印象を崩さなくていいですね。

気になったらまずはマットを試してみて

今回はみてねで印刷できる用紙「光沢」と「マット」を実際に印刷して見比べてみました。

光沢用紙は一般的な写真サービスと同じようなイメージです。

なので、マット用紙が気になったらまずはマットで注文してその仕上がりを実際に見て確かめてみてください。

マットの雰囲気が気に入ったらみてねで写真プリントを楽しんでくださいね♪

みてねの口コミについては別の記事に詳しく書いてありますので、そちらも合わせて読んだみてください。

家族アルバム「みてね」のましかくプリントってどんな感じ?
【みてね】ましかく写真プリントの口コミ。仕上がりやメリット・デメリットを徹底解説。2022年7月からみてねでもましかくプリントが毎月8枚無料になりました!料金や写真の仕上がり、注文の便利さについて口コミをまとめました。...